ガソリンスタンドでタイヤの空気チェックはしない方がいい理由

目指すジロウです。

車に乗ってる人なら「定期的にタイヤの空気チェックをした方がいい」ということを聞いたことがあると思います。

でもそんなに車のことが詳しくない人だったらそういうのは行きつけのガソリンスタンドとかでお願いすることになると思います。

自分も毎日運転してはいますが、車のことについては全然知らないのでガソリンを入れに行った時に2カ月に一回くらいの間隔でついでにタイヤの空気チェックをお願いしていました。

いつもは雰囲気の良い店員さんが対応してくれて空気圧が減っていたら運転席のドアのところに書いてある標準値に合わせてくれていたんですが、その日対応してくれた店員はいかにもヤンキー上りって感じでした。

いつもの通り「レギュラー満タンで」と注文した後についでにタイヤの空気圧も見てくれるようにお願いすると「あぃ?」みたいな威圧的な雰囲気を含んだ聞き返し方をしてきたのを覚えています。

そして給油をしてる間にヤンキー店員2号が空気圧のチェックをしてくれたんですが、後輪の2本が「1.2くらいまで減ってます。5分くらいで点検できるんでやりましょうか?」というのでお願いしました。

その後予定があったんですが、5分くらいなら大丈夫かなと思って待合室で待っていましたが5分過ぎても10分過ぎても終わらずに結局30分くらい待たされました。

点検結果を聞くと、「タイヤのバルブが弱っているのが原因だからそれを変えた方がいいです」というのと「タイヤの溝も減ってきているのでタイヤ交換もそろそろした方がいいですよ」と言われました。

その時点で5分くらいの点検のはずがすでに30分以上経っていたのとさすがに不信感もあったので断って見積だけもらうようにしましたが「すぐ終わりますから!」とか「今ならタイヤ交換○○円に負けます!」とかかなりしつこかったです。

ちなみに見積もり額ですが

バルブ交換は2本で3420円、

タイヤ交換は2本で48000円、4本で80000円(工賃含む)となっていました。

※車はプリウスで、見積もりのタイヤはトランパス・エムエルとなってました。

手持ちがないと言ったら「カードでもいけます!」とこれまたしつこかったです。

だいぶ待たされはしたものの次の予定までは少し時間があったのでそのガソリンスタンドを出てすぐに車を買ったディーラーに行ってタイヤの点検だけお願いしました

「バルブが弱っているから空気が抜けてるって言われたんですけど見てもらえますか?」と伝えて見てもらったら、「バルブはどこも異常ありませんよとのことでした

内心「やっぱりか!」と思いながらディーラーの店員さんから情報を聞くと

・後輪が(というか前輪でも後輪でも)2本同時におかしくなることはまずない。

・空気圧が1.2まで減ったら見ただけでわかるくらいしぼみます。

・バルブ交換はそのディーラーなら1本1200円でいける。

ということでした。

毎回使っているガソリンスタンドなのに危うくだまされて無駄なお金を払わされるところでした。

ディーラーの店員さんの話によると、ガソリンスタンドで自分のようなことを言われて点検に持ってくるお客さんが結構いるんだそうです。

自分もこういった話をニュースかなにかで知っていたからセカンドオピニオン的にディーラーに行って見てもらうということが思い浮かびましたが、前知識がなかったら不安をあおられてその場でタイヤ交換までしていたかもしれません。

この出来事で得た教訓は、

ガソリンスタンドでは給油するだけにしてパンクとかの緊急時以外はディーラーでも話を聞いてから判断すること

・興味なくても多少のメンテナンス知識は覚えておくこと

ということでした。

この記事を読んでくれた皆さんも悪徳ガソリンスタンドにだまされて無駄なお金を使わされないようにお気をつけください。

車の底のカバーの留め具が外れたときに入ったガソリンスタンドは応急処置しただけだからと無料でやってくれたとこもあったのになあ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする